フィリピン・マニラの巨大マーケット『デビソリア』とは?

そもそもデビソリアとは? デビソリアとは一言で言うとフィリピンの首都マニラにある大きな市場の名称のことです。 ディビソリアとも言われるようなのでネット検索をするときは両方で検索すると良いかもしれません。 フィリピン国内ではデビソリアのようなマーケットがたくさんあります。 飲食店や衣料品店はもちろん、たくさんのお店が道路の両脇にずらりと並び、色とりどりの品物が比較的リーズナブルな金額で買うことができるのが観光客に人気です。 また、マーケットならではの現地の方との交流や、異国文化を肌で感じられる空間は最高の旅の思い出になるのではないでしょうか。 そしてそんな数あるマーケットの中でも特に現地の人から愛されているのがデビソリアです。 マニラ観光をする際は必ず行っておきたいスポットです! デビソリアは日本でいう下町商店街! たくさんのマーケットがあるフィリピンですが、その中でも首都マニラにあるデビソリアは激安マーケットとして有名です! もちろん見た目や雰囲気は日本人が知っている下町情緒とはほど遠いものですが、私たち日本人が思い描く下町風景のような、フィリピンでの下町風景がまさにここ、デビソリアにはあります。 さらに昔からフィリピンの物流の中心として栄え、今でも卸しの会社がたくさんあるデビソリアでは、フィリピン国内でお店を出店している方などがまとめて買って行くことが頻繁にあるようなので、食料品から衣料品までどんなジャンルの物も揃えることができます。 海外旅行に行くと意外とお金がかかるのがお土産代ですよね! デビソリアを一周すれば驚くほど安く多彩なお土産が揃うかもしれませんね! 何でも揃うデビソリア! 現地の人も足繁く通うデビソリアには本当にたくさんのお店が出店しています。 衣料品・生鮮食品・雑貨・家電製品をはじめ、動物なども売っています!マーケットの西側には主に生鮮食品を扱うお店が並んでいます。 値段はかなりお安くなっており、スーパーマーケットで買うよりも断然お買い得です。 中央には「168 SHOPPING MALL・999 SHOPPING MALL・デビソリアマーケット」があり、こちらは主にアパレル商品や雑貨などを取り扱っており、オシャレが好きな方におすすめとなっています。 さらに驚くのはその安さです。フィリピンの人たちから『激安マーケット』と呼ばれるくらいですから、日本人観光客の金銭感覚ではかなりお得に感じることができるのではないでしょうか。 デビソリアの治安は大丈夫? フィリピン観光と聞いて一番の心配事はやはり治安の良し悪しではないでしょうか? ネットの口コミなどを見ていると、どうしても悪い印象を抱いてしまいますよね・・・。 デビソリアはとにかく人が多く、日本の観光地とは比べ物にならないほど混雑しています。 そのため特に注意したいのはスリです。スリは日本ではなかなか無いことですが、デビソリアがあるマニラなどでは当たり前のように発生します。 財布やスマホはとにかく肌身離さずバックの中に入れ、バックの口はしっかり閉めておきましょう。 そしてぼったくりにも注意が必要です! 物価が安いからと言って金額を気にせず爆買いをしがちな観光客は、まさにぼったくりの的となっています。 被害に合わないためには、しっかり値札を確認して値段交渉をしながら買い物を楽しむのがいいでしょう。 海外旅行はどこへ行くにも自己責任ですので、少しでも怪しいなと感じたら避ける勇気も必要です。 デビソリアへのアクセス方法は? デビソリアへの行き方はタクシー・電車・ジプニー・バスそして配車サービス(Grab)の5つの方法があります。 おすすめの移動手段はタクシーか配車サービス(Grab)です。 タクシーで行く場合は運転手さんに「168 SHOPPING MALL」もしくは「999 SHOPPING MALL」と伝えると、デビソリアマーケットの近くまで連れて行ってくれます。 ぼったくり防止のため、乗車時にメーターを動かす気がなさそうな場合には、すぐにタクシーから降りるようにしましょう。 そして配車サービス(Grab)で行く場合はあらかじめ「168 SHOPPING […]

夜のフィリピンを楽しもう!ナイトマーケット情報をご紹介

海・自然・街など見どころ満載のフィリピンですが、日が暮れ始め夜になると多くの現地フィリピン人や観光客で盛り上がりをみせるのがナイトマーケットです。 日中の気温がとても高いフィリピンでは夜に出掛けることは日常茶飯事。食べ歩きやショッピングなどたくさんの屋台やお店が軒を連ねるナイトマーケットはまさに非日常の空間です。 今回は、フィリピンに滞在するならぜひ足を運んで欲しい、おすすめの「ナイトマーケット」をご紹介したいと思います! フィリピンおすすめナイトマーケット SUGBO MERCADO(スグボメルカド) 【時間】木~日 5:00pm-0:00am セブ島のビジネス街・ITパークにあり、セブ最大のナイトマーケットSUGBO MERCADO 一日平均5000人以上の人が訪れるこのナイトマーケットは木曜日~日曜日だけの週末営業にもかかわらず、多くの人で賑わっています。 SUGBO MERCADOには約65店舗の屋台が連なり、マーケット中央には800の席数が並びます。 さらにセブ島にあるとは思えないほど治安が良く、衛生面もしっかりしていてとても安心できることから、子供連れのファミリー層からの支持が高いナイトマーケットであることも人気の秘訣となっています。 THE MARKET(ザ・マーケット) 【時間】水~日 5:00pm-1:00am またまたセブ島からTHE MARKETのご紹介です。 こちらはなんと今年の8月にオープンしたばかりの出来たてのナイトマーケットなのです。ほかのマーケットと比べ海外からの観光客をターゲットにしたかのようなユニークでおしゃれなお店が立ち並んでいます。 ほかのナイトマーケットにはない独特なお店も出店していますので気になる方は是非足を運んでみてください。 ちなみに近くにはナイトプールで有名なWestown Lagoonがあるので、ナイトプールの後に、ここでご飯を食べていくのも良いかもしれないですね。 BGCのMercato Centrale(メルカート・チェントラーレ) 【時間】水〜土 6:00pm-3:00am 首都マニラでナイトマーケットに出掛けるのならこちら。BGCのMercato Centrale 規模はとても小さく、歩いても数分で一回りできてしまうくらいコンパクトな広さのナイトマーケットです。 歩くのが苦手な人や座ってゆっくり食事やお酒を楽しみたい方にはおすすめのナイトマーケットです。 ちなみにBGCとはボニファシオ・グローバルシティの略で、マニラで一番安全といわれる地域のひとつと言われています。 マニラをはじめフィリピンはもともとあまり治安のよくない場所と言われていますので、安心してナイトマーケットを楽しみたい方や小さなお子さまを連れていかれる方は是非Mercato Centraleに足を運んでみてはいかがでしょうか。 Baguio Night Market(バキオナイトマーケット) 【時間】毎晩 11:00pm-0:00am バギオの中心街セッションロードからすぐのハリソンロードという路上で開催されているのがBaguio Night Markeです。 こちらのナイトマーケットのすごいところはなんと言っても毎晩開催しているということです。 平日でもやっているというのが嬉しいですね。時間は21時~24時と比較的短めですが、せっかく行ったのにいざ到着してみたら開催していなかったということはありませんので安心して行くことができます。 バギオには「ウカイウカイ」と呼ばれる古着屋が至る所に点在しており、古着が当たり前のようにどこにでもあるのです。 ナイトマーケットと聞くと食べ物ばかりが浮かんでしまいますが、こういった古着やアクセサリーなどを探してみるのもナイトマーケットの楽しみ方の一つです。 Roxas Night […]

フィリピンに行くなら必ず透き通った透明な海を見に行こう!

フィリピンオススメの9海選 ボラガイ島の海 ボラガイ島は世界のベストビーチ2014年、2015年と2年連続で選ばれた人気のビーチリゾートとなります。 この島の一番の魅力は、アジアナンバーワンを誇るホワイトビーチです! 島の西側に広がる約4kmのホワイトビーチはとてもサラサラで真っ白です。 もちろん透明度の高い海も魅力的ですので、白い砂浜との相性は抜群です! パラワン島の海 パラワン島は首都マニラから飛行機で1時間ほどの距離にある細長い島で、世界で一番美しい島にも選ばれたこともある大変人気の島となります。 フィリピン最後の秘境とも呼ばれている「エルニド」には、自然が手つかずのままの姿で残っています。 透明度の高い海には、巨大なサンゴ礁やカラフルな熱帯魚などが生息しており、マンタやジュゴン、イルカやクジラに遭遇することもあるため、世界中からダイバーが集まる海でもあるのです! シキホール島の海 シキホール島はあのセブ島に隣接している秘境となります。 周辺は真っ白な砂浜で囲まれており、青いサンゴ礁やマングローブがとても美しいのが印象的です。 綺麗な海以外にも物価が非常に安いのが魅力でもある島ですので、リーズナブルに旅行をしたい方には大変オススメな海となります! ボホール島の海 ボホール島はセブ島の南に位置し、セブ島から船で2時間ほどの距離に位置しています。 海底が見えるほど透き通った海が続き、ボートに乗って揺られているだけで非常に癒されることができます。 円錐形の小さな山々が連なる神秘的で美しい光景も見ることができます。 カオハガン島の海 カオハガン島はセブ島からボートで1時間ほどのところに位置します。 1991年に元出版社社長の日本人がこの島を購入し、現在も所有しています。 日本人が所有している島ということで、日本人向けツアーも充実しており、日本人スタッフも常駐しています。 海外旅行が不安な方も安心して旅行を楽しむことができるので、そういった方にオススメの島となります。 橋を渡りながら真下にある海を眺めると、泳いでいる魚などを目視することができるくらい透明度の高い海となります。 コロン島の海 フィリピン最後の楽園とも言われており、エメラルドグリーンの海が特徴的な島となります。 太平洋戦争中に沈んだ沈没船が多数あると言われており、近海はダイビングスポットとしても有名で、世界中からダイバーが集まります。 エメラルドグリーンの海でお宝さがしができるダイバーにはたまらないスポットとなります! パンダノン島の海 パンダノン島は青い海とホワイトサンドの綺麗なビーチが広がり、とにかく言葉にならないほどの美しさです。 まさに南国の島!というような島で、魚とサンゴの保護区でのシュノーケリングやアクティビティはたまりません! 真っ白なビーチもありますので、のんびりと過ごすことももちろん可能ですよ! コロン島の海 コロン島はエメラルドグリーンとターコイズブルーのコントラストが非常に美しい海が広がっている島です。 こちらの島も透明度の美しさからシュノーケリングやダイビングなどのツアーが盛んに行われています。 セブ島の海 最後に紹介するのはやっぱりセブ島! セブ島という島は多くの方が聞いたことがあると思います。 フィリピンでも長い間有名なリゾート地として君臨し続けていますが、ショッピングや高級ホテルだけではなく、大変綺麗な海が広がっています。 ホテルの高層階から眺める海は最高です! まだまだ紹介しきれないほどの美しい海がフィリピンには存在していますが、特にオススメな海をご紹介いたしました! せっかくフィリピンに行くのであれば、海に行かないという選択肢はないのではないでしょうか! まとめ フィリピンのオススメする海をご紹介いたしました。 青い海、白い砂浜とまるで映画の世界に来たかのような空間にあなたを迎え入れてくれるのはフィリピンにある海ではないでしょうか。 […]

フィリピンにいくなら世界遺産を巡ろう!!

フィリピン世界遺産9選!! マニラのサン・アグスチン教会 サン・アグスチンは1587年に着工され、1606年に完成したフィリピン最古のバロック様式の石造り教会となります。 大地震や第二次世界大戦にも耐え、イントラムロスの中で一度も破壊されずに残っている貴重な建物でもあるのです。 1993年にフィリピン最初の世界遺産として登録された教会でもあります。 パオアイサン・アグスチン教会 こちらもバロック様式教会の1つとされており、素晴らしい耐震構造と独特のデザインを兼ねそろえ、「地震のバロック」という別名も持っています。 この教会の礼拝堂にはステンドグラスの窓と、壁画が天井と壁に残っており、非常に歴史を感じることのできるポイントとなります。 マニラのサン・アグスチン教会と同様1993年に世界遺産登録されました。 古都ビガン スペイン人が東アジア貿易の拠点としていた植民都市であり、スペインのコロニアル様式、伝統的な木造家屋、中国の瓦などが入り混じり、大航海時代の面影を今も残している美しい街となります。 フィリピン北部、イコロス・スル州の州都であり、ルソン島西部アブラ川河口右岸に位置します。 フィリピンで最もスペイン情緒あふれる町と言われており、美しい街並みが評価され、1999年に世界遺産登録されました。 トゥバタハ岩礁海中公園 フィリピン南西部に位置する小さい島がこのトゥバタハ岩礁となります。 この島は一帯が珊瑚礁からなる島で、海の楽園とも伝えられています。 1993年にトゥバタハ岩礁海中公園として世界遺産登録されましたが、2009年に拡張されトゥバタハ岩礁自然公園として再登録されました。 350種類以上の珊瑚に500種類以上の魚、イルカやクジラ、ウミガメ、ジンベイザメなど多くの海洋動植物が生息しています。 特に珊瑚礁は東南アジア最大と言われていますので神秘的な海中を見ることができます。 手つかずの自然が多く残っており、世界的に見ても人気のダイビングスポットでもあるのです。 プルエト・プリンセサ地底河川国立公園 フィリピン諸島の南西にあるパラワン島の洞窟内に流れる地下川を保護する目的で指定された国立公園となります。 探検ツアーなどもありますが、船の乗り降りで海に浸かってしまうことも多いので、行かれる方はサンダルで行くことをオススメいたします。 洞窟の中をボートで散策するツアーは見たことの無いような神秘的な景色を楽しむことができます。 1999年に世界遺産として登録されています。 フィリピン・コルディリエーラの棚田群 フィリピンのルソン島北部の中央山岳地帯の主に東斜面に広がっている棚田地帯となり、棚田の規模としては世界最大ともいわれています。 また、この棚田はその美しさから天国へ昇る階段や世界八番目の不思議とも称されており、棚田の総延長は20,000kmを超えるともいわれています。 大自然に触れることの棚田地帯は1995年に世界遺産登録されています。 パナイ島のビリャヌエバ教会 パナイ島のイロイロの中心街から西に約3kmのモロ地区にある教会となります。 1891年に建築されたゴシック・ルネッサンス様式の教会で、外壁は珊瑚砂で造られている珍しい教会となります。 クリスマスが始まる12月がベストシーズンとなりますので、せっかく行くのであればベストな時期に行ってみてはいかがでしょうか。 こちらの教会も1993年に世界遺産登録されています。 ヌエストラ・セニョーラ・デラ・アスシオン教会 バロック様式教会として世界遺産となっている教会ですが、サンタマリア町にあることから、サンタマリア教会とも呼ばれています。 長い急な階段を上ると聖母アスンシオンのレリーフが現れます。 お菓子や飲み物を売る人たちが大勢おり、人々の憩いの場としても人気の教会となります。 ハミギダン山域野生生物保護区 フィリピン東ダバオ州にある標高1,637mの山で周辺地域にはフィリピン国内で有数の多彩な野生生物の生息地となっています。 ハミギダン山域野生生物保護区はその山稜一帯に設定された野生生物保護区で希少種、絶滅危惧種などが生息している一帯でもあります。 2014年に世界遺産に登録されています。 年間の平均気温は27.8度で最も低い1月でも20度を上回る暖かい気候ですが、年間平均湿度は98%にもなります。 まとめ フィリピンの魅力あふれる世界遺産をご紹介いたしました。 […]

フィリピンに行ったらこれを買おう!定番お土産をご紹介!

お得なフィリピンのお土産 お土産は配る相手にとって、品物を考えなくてはなりません。 まずは誰にでも配れて、価格も安く、フィリピンらしさを伝えることが出来るお土産からご紹介していきます! 大定番のフィリピンマンゴー フィリピンのお土産といえばドライマンゴーが定番です! 日本ではマンゴーは高級なイメージがある果物ですが、フィリピンではバナナよりも安く売られている庶民的な果物になります。 このマンゴーを乾燥させたものが、ドライマンゴーです! フィリピンのお土産として、配りやすさが売りになります。 価格も安く、200円以下で購入することが可能です。 食物繊維もたっぷりなので、健康にも美容にも良いのがドライマンゴーであり、女性人気も高くなります。 たくさんの種類がお土産として売られていますが、「7D」という商品が有名です。 「7D」は肉厚なドライマンゴーであり、日本人の舌に合いやすい控え目の甘さになります。 バナナチップス フィリピンといえばバナナというイメージが日本人にはあります。 バナナチップスも定番のフィリピンのお土産として人気です! 食べなれているバナナのやさしい甘さと、パリッとした食感が楽しめます。 おつまみとしてもお菓子としても適していて、何よりも嫌いな人が少ないという利点があるのです。 価格は一袋あたり260円ほどになります。 インスタントパンシット・カントン せっかくフィリピンに来たのですから、現地の味を友人たちとも共有してみたくなるものです。 そういう場合には、お土産としてインスタント食品のパンシット・カントンを購入するという選択もあります。 パンシット・カントンはフィリピン風焼きそばといった食品であり、スーパーやコンビニなどでも売っている、現地の人に愛された食品です。 価格は一食あたり40円と安いため、コストパフォーマンスの良いお土産になります。 はちみつ フィリピンには数多くの養蜂場があるため、はちみつもフィリピンらしいお土産といえるものです。 値段も安価なものが多く、200グラム入りのはちみつが180円で買えます。 トウガラシ入りなどの変わり種も売っているので、そういう珍品のハチミツもお土産としては面白いかもしれません。 【男性向けのフィリピンのお土産】 今度は男性向けのお土産をご紹介していきます。 マンゴーのリキュール マンゴーから作られたお酒になり、フィリピンのお土産らしさが十分にあるものです。 一般的にマンゴーのお酒は甘さが強くなるため、甘めのお酒が好きな方には適しています。 価格は700ミリリットル入りで、およそ1600円ほどです。 マンゴーのワインもありますので、そちらもフィリピンらしいお土産になりますが、もちろん甘さの強いお酒になります。 ランバノグ・ココナッツ酒 アルコール度数の高いお酒をお求めの場合、ランバノグもおすすめです。 ココナッツから作られているフィリピンの伝統的な蒸留酒(スピリッツ)であり、濁りのない味わいと、ココナッツ特有のフレーバーを感じることが可能です! アルコール度数38~50度ほどなので、お酒好きにはたまらない品です。 750ミリリットルあたり2000円ほどで購入することが出来ます。 バラココーヒー フィリピン産のコーヒーで、名前の意味は「強い男」です。 コーヒー好きの方へのお土産には最適かもしれません。 250グラムあたりで1000円前後と、手頃な価格になります。 【女性向けのフィリピンのお土産】 女性向けのお土産も多く買えるフィリピンですが、代表的なものを紹介していきます。 […]

拡大路線への期待

縮小した日本の音楽市場を再び拡大するためには、別の業界と手を組むことも必要になります。それは新たなビジネス・モデルを構築するために、とても重要なことなのです。 版権の柔軟な運用 音楽業界が抱える楽曲の版権利用は、とても大きな可能性を秘めています。例えば現在大きく成長している市場としてオンラインカジノ業界がありますが、海外では既にガンズアンドローゼスなどの多くのアーティストがコラボして、その楽曲利用を行っています。翻って日本のアーティストはどうでしょう?沢山のスロットゲームを抱えるこのラッキーニッキーhttp://luckyniki.jp/で探しても、日本のアーティストの楽曲をフューチャーしたゲームは見つかりません。成長する業界への積極的なアプローチも今後必要になってくるのは間違いないでしょう。

西野カナ

ソニー・ミュージックを代表するアーティスト 今年の2月より無期限の活動休止となった西野カナ。その後結婚したことを公式ウェブサイト上で発表したため、復帰時期については不透明な状態です。しかし彼女が未だに若い女性たちにとっての重要なアーティストであることに変わりはありません。 若者の代弁者 若い女性のファッションリーダーとして知られた西野カナですが、彼女はそれ以上に若い女性の代弁者でもありました。彼女は19歳でデビューして以来、ほぼ全ての楽曲の作詞をおこなってきました。つまり若い女性の今を、自身の感性を通して歌詞として表現してきたのです。それは彼女と同年代か、それより若い年代の女性に大きな共感を呼び、結果2016年には「第58回輝く!日本レコード大賞」で大賞を受賞するまでになったのです。

エイベックス

日本を代表するレコード会社 日本で生活をしていてこのレコード会社の名前を耳にしたことがない、という人は殆どいないと言っていいでしょう。日本のポピュラー音楽を牽引するレコード会社であり、その象徴と言ってもいいのがこのエイベックスです。 小室哲也と共に成長したエイベックス 1988年に輸入レコードの卸会社として設立されたこのエイベックス。何故それから僅かな時間でこれほどの大きなレコード会社に成長することができたのでしょうか?それにはこのアーティスト、小室哲哉存在が大きく関わってきます。1990年代の日本の音楽シーンを席巻した彼と「小室ファミリー」と呼ばれるアーティストによってエイベックスは飛躍し、1999年には東証一部上場も果たしました。

アナログレコード人気再燃

アナログレコードの売り上げ枚数が世界的に伸びています。特にヨーロッパでは供給が追い付かないこともあるそうですが、いったいなぜ、レコードなのでしょうか。 アナログレコードとは 既に知らない世代が多いと思われるので、アナログレコードとは何か、まずは説明します。アナログレコードとはCD以前に使用されていた音楽記録媒体で、デジタルデータではなく実際に版面に情報の振幅を刻み込むことで音楽を記録するものです。CDよりも音質が滑らかになり、それが音楽に温かみを感じさせると言われています。 CDとはまた違った音楽が楽しめると人気が再燃中のアナログレコード。現在は大手レコード会社の1つ、ソニー・ミュージックが特に力を入れていて、2018年には29年ぶりにアナログレコードの自社一貫生産も始めています。

EXILE

エイベックスを代表するアーティスト エイベックスというレコード会社を成長させ、牽引し続けてきた安室奈美恵が2018年を持って引退しました。最後に発売されたアルバム「Finally」は、破格の238万5千枚という売上を記録しました。CDが日本で200万枚以上の売り上げを記録するのはおそらくこれが最後になると言われています。それほどのビッグアーティストが去った今、エイベックスの屋台骨を背負うのはこのアーティストしかいません。そう、EXILEです。 拡大するEXILE rhythm zoneというエイベックスグループのレコードレーベルに所属するEXILE。EXILEという名前で活動を始めたのは2001年からで、それから僅か2年後の2003年に初のミリオンセラーを達成しています。そして現在はEXILE TRIBEとしてメンバー総数は増加。劇団なども含め活動の幅を大きく拡大しているのです。